新しい入居者を得るために現状回復工事を専門業者に頼もう

作業者

賃貸物件を退去する時

空室

賃貸物件を退去する時に、現状復帰が義務付けられていますが、どこまで借主負担になるのか明確なルールはなくトラブルに発展する事があります。トラブルを回避する為に、国土交通省からガイドラインが用意されています。

現状回復なら専門業者に

リフォーム工事

引っ越しを検討しているのなら、現状回復工事を専門業者に依頼しましょう。現状回復工事を行っておけば、引っ越しをする際にオーナーや経営者と退去時の費用で揉めることもありせん。

入居率を高めるため

空き部屋

原因の特定やアドバイスも

建物は、年月が経過していくにつれて劣化します。そして、多くの人が代わる代わる利用する賃貸物件は、特に劣化しやすいと言えます。そのため賃貸物件の貸主は、借主が退去した後には必ず現状回復を行っています。そうすることで、経年劣化部分はもちろん、借主の故意や過失によって劣化した部分も、きれいな状態に戻るからです。借主が退去することは、貸主にとっては収入ダウンを意味します。もちろん貸主は、退去後には新しい借主を募集するのですが、劣化部分の目立つ賃貸物件には借り手はつきにくいと言えます。そのため貸主は、入居率を高めるために現状回復を行うわけです。現状回復は、清掃業者やリフォーム業者の手によって行われます。業者は貸主の指示のもと、油汚れやカビなどを除去したり、床のタイルカーペットや壁のクロスを張り替えたりします。さらに業者は、施工の際に劣化の原因も特定します。現状回復では、借主の使い方によって劣化した部分については、当然借主が費用を支払うことになります。しかし経年劣化部分に関しては、借主の責任とはみなされないため、貸主が費用を負担します。そのため業者は、双方の支払い額を明確にするために、劣化の原因を調べながら現状回復を進めていくのです。また中には、入居率を高めるためのアドバイスをする業者もいます。たとえば壁のクロスをより見栄えの良いものにしたり、トイレやエアコンを高性能なものに変更したりといった具合です。これによりその賃貸物件の価値や需要は、一層高まることになるのです。

借家を出るときに必要

作業員

借家を退去するときには、原状回復を行うことが、契約書に記載されていることがほとんどで、正しい知識を持っておく必要があります。住むことで損耗する部分に関しては、敷金のほかに月々の家賃で回収されているという考え方なので、知っておく必要があるポイントです。