新しい入居者を得るために現状回復工事を専門業者に頼もう

作業員

借家を出るときに必要

作業員

知識を仕入れよう

借家を出るときには、大抵契約時に原状回復を行うことを記載されていることが多くあり、正しく理解することで、トラブルを避けることができます。基本的に原状回復は、借りた方が住んでいた期間に損耗した部分と、故意や過失などで損傷させた箇所を、借り受けたときの状態に戻すことです。合わせて借り受けるときに、契約書に注意して住むことと、退去時にこれらの回復費用を請求すると明記されているのです。こういった費用は、借り受け時に支払う敷金の中から、対応してもらうことになるのですが、どうしてもその枠を出るケースも出ています。ここでは、住んでいると損耗する部分と、故意や過失などで損傷させた部分と分けて、料金の目安について纏めていきます。まず最初に住んでいて損耗した部分ですが、これは畳やカーペットのへこみや、クロスなどの色落ちなどが挙げられます。これらについて、原状回復した場合の費用は、敷金のほかに月々支払っている家賃の中で、すでに支払っているものとして考えることができます。借家は耐用年数6年もしくは8年で計算されていることが多く、このくらいの期間住んでいるのであれば、追加の費用は発生しないはずです。次に故意や過失で損傷させた場所の原状回復工事は、やはり実費となるケースが多いので、仲介不動産会社などと話し合うことになります。この場合には、きちんと見積もりの提示を受けることで、その費用を明確にしてもらい、納得したうえで、支払うことが肝心です。