新しい入居者を得るために現状回復工事を専門業者に頼もう

作業員

賃貸物件を退去する時

空室

基本的な考え

賃貸物件を借りていて、退去する時には、現状復帰が契約上にあります。この現状回復のガイドラインを基に預けた敷金から清算される事が多いです。その為トラブルに発展してしまう事も多々あります。賃借人にとって納得のいく清算であれば問題ありませんが、納得いかないと大きなトラブルに発展してしまいます。基本的には国土交通省が出しているガイドラインに沿って現状復帰をしてその負担を賃借人のどちらがするのか決めていきます。経年劣化している部分は大家さんの方が負担します。経年劣化の詳しい基準も確認しておくと安心です。また現状復帰をする業者によってかかる費用は異なります。高い所もあれば、安い所もあります。基本的には、標準的な費用で計算していきます。現状復帰に関しては、入居の際の契約書に詳しく記載されていますので、しっかりと確認しておく事が大事です。また入居の際には物件の確認はしっかりと行います。また入居して一週間以内にやっておきたい事として室内の現況報告、キズは破損部分などがあれば、しっかりと記録し貸主に確認してもらいます。一番気をつけなければならない点としては、契約書の特約事項です。現状復帰に伴う特別な費用負担が記載されている場合があります。退去の際に気がつく人もいますが、入居の際に確認して納得してから入居する事が大事です。また業者が行うような本格的なクリーニングの必要ではなく、退去時に大掃除をする程度でも大丈夫です。